10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2011-09-13 (Tue)


 最も熱いロードレース漫画。
 作者には心情を具現化させるスキルでもあるかの如く、絵には迫力と躍動感がある。そのイメージは『走る』というより『戦う』に近い。

弱虫ペダル 1 (少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル 1 (少年チャンピオン・コミックス)
(2008/07/08)
渡辺 航

商品詳細を見る



 週刊少年チャンピオンで2008年から連載されている学園自転車漫画。


 舞台はロードレース。自転車で最も速い男を決める競技という世界観。とにかく熱い漫画でレース展開もそうなんですが何よりキャラクターそのものが熱いです。作者には心情を具現化させるスキルでもあるかの如く、絵には迫力と躍動感がある。そのイメージは『走る』というより『戦う』に近い。


 主人公はオタクなんですが、結構影が薄く、別にオタクが頑張る漫画というわけではありません。そもそもオタクというより変人と言った感じなんですよね。別に悪い意味じゃなくて。
 他のキャラクターもどこか逸脱していて、そこが時折ギャグっぽくも見えたりします。なかには自分の筋肉に名前をつけてあまつさえ会話するというキャラクターまで出て来ます。が、それぞれ芯にあるのは勝利や飢えといった感情であり、行き着く先は皆同じです。


 基本的にはチーム戦なんですが、個々との名勝負が数多くあり、そこがこの漫画の醍醐味だと私は思います。







渡辺航さんというと不運なイメージがありますね。いやこのイメージで合ってるかどうかはわかりませんが。


| 漫画 | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。