10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2011-09-07 (Wed)
 西尾維新、原点回帰にして新境地の最新作。
 ジャンルからしてどこにカテゴライズしたらいいのか迷う一冊。
 表紙に怪しげな少女が載っていますが、別にロリィな話ではないので誤解ないように。


少女不十分 (講談社ノベルス)少女不十分 (講談社ノベルス)
(2011/09/07)
西尾 維新

商品詳細を見る



 個人的には多重人格探偵サイコを思い出しました。語り部がリアルといっても差し支えない状態で物語が進んで行きます。『この本を書くのに、10年かかった。』と帯には書かれていますが、これがまた読者をミスリードさせる要素になっているんじゃないでしょうか。こういうのは演出であると私は捉えていますが。
 演出というと今作は本の装丁にも力が入ってますね。カバーイラスト、カバーデザイン、ブックデザインとそれぞれ別の人が関わっています。


 肝心の中身ですが、西尾維新にしてはスロースターター。文章を読む事に慣れていないと序盤はきついかもしれません。ただ話に起伏が見え始めると後はすらすらはまっていくと思います。次がどうなるのかわかりにくいところに読む意欲が生まれます。


 ページ数は200とちょっと。西尾維新にしては薄い方ですね。ですが今回は登場人物が少ないので、その分ページが少ないだけです。ついでにいうと化物語のような掛け合いもありません。そもそも会話シーンそのものが少ない。おそらくですが西尾維新の小説の中で一番少ないと思われます。


 表紙からも察せると思いますが、ところどころ不穏な作品です。ですが最後まで読めばきっと感動すると思います。西尾維新の中でもよりお勧めの一冊。ただしライトノベルというより小説といった感じなので、その辺にはご注意ください。



その他、西尾維新のお勧め




少女に攻撃されること多いですよね。西尾維新作品の主人公って。


| 西尾維新 | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。